カテゴリー別アーカイブ: 未分類

6月29日 山本真成美

【6月29日】
○先生のアドバイスから
・口コミサイト等は本格的に使用するとなってからコンタクトをとるほうがいい!
・のど越しについては、「限定的な食べ物・飲料」についてをどこまで言うか決める。
・Aという気分(ポジティブ)からCという気分(お菓子を食べてポジティブ)と、Bという気分(ネガティブな気分)からCという気分(お菓子を食べてポジティブ)の二つは本当に一緒にしていいのか?
➡スタート地点が全然違うのに同じにしていいのかや、0.1でもプラスに作用すればいいとするのかなどそこらへんのルールをはっきりさせること!またそれは検証可能なのか?
・未来だけを見ていいのか確認する意味でも感情の変化や移行についての研究があるのか調べる。
・現状の踏まえ方のレベルをどうするのか?

○進捗状況
・菓子の評価表現項目の一つである“見た目”に関して・・・
→就実大学の岩佐和典氏の論文『食物の色彩が視覚的な感性評価に与える影響』で、うどん・食パン・干したするめいか・ポテトチップ・プリンの5種の食物の画像の色彩に変化をつけ、どの色の食物が一番“食べたさ”に繋がるかという研究をされた。その結果、食物の種類に関係なく自然色>赤・黄色>紫>水色・青>緑の順に食べたさが減少していくことが分かった。また、自然色とはその食物本来の色であり、この自然色と色がかけ離れていればいるほどその食物に対する嫌悪感が強くなることも分かった。

➡これを受けて、対象の菓子の自然色を記載してみた。(ノーマルなものの色のみ)

併せてインスタグラムでのハッシュタグ件数

~和菓子~
・おはぎ(約74000件):茶
・すあま(約5000件):ピンク
・羽二重もち(約4000件):白
・かるかん(約4000件):白
・ういろう(約11000件):白、ピンク、緑、茶
・ゆべし(約4000件):黄(黄土色)
・どら焼き(約82000件):茶
・金つば(役10000件):茶(表面は少し白がかっている)
・栗まんじゅう(約3000件):茶

~洋菓子~
・パウンドケーキ(約220000件):茶、黄(茶は焦げ目)
・チーズケーキ(約633000件):茶、黄(茶は焦げ目)
・バームクーヘン(約100000件):茶、黄(茶は焦げ目)
・シュークリーム(約234000件):黄
・エクレア(約46000件):茶
・タルト(約430000件):タルト台は黄、上の部分はフルーツが乗ることが多いため赤や紫など
・アップルパイ(約265000件):茶、黄(茶は焦げ目)
・ワッフル(約278000件):黄
・クレープ(約311000件):黄(中身により印象は変わるが生地は総じて黄)
・プディング(約490000件):茶、黄(茶はカラメル)

➡こうしてみてみると、和菓子は色の個体差がまだあるのに対して、洋菓子は大体焼き色と記事の色が似ているため茶と黄がメインとなる。と、いうことは評価項目の一つである“見た目”は色による評価というよりもほかの何かで評価されている可能性が高いと感じた。

・気分と菓子について参考になりそうなアンケートがインターネットに記載されていた。
株式会社バルクのマーケティングリサーチ事業のVol.73 お菓子に関する調査(2013)
①「お菓子を食べるタイミング お菓子の種類別表」(https://www.vlcank.com/mr/report/073/)

・②「お菓子の新商品や限定品で買いたくなるキーワードと食感 お菓子別ランキング表」というのも同サイトに載っていた。すべてではないが参考になる。
(https://www.vlcank.com/mr/report/073/)

Vol.73 お菓子に関する調査(2013)

○今後の予定
・7月6日:レポート仮完成しピアレビュー
・7月13日:後期の研究計画提出、あわせて夏季集中セミナーにて何を先生に教えていただきたいか具体的に挙げる。

5月11日 山本真成美

【5月11日現在の進捗報告】
・抽出と分析の難易度は味→見た目→気分の順で上がっていく。
➡とりあえず味→見た目にフォーカスしてできるなら気分も入れるという流れ

・お菓子の見た目の分類の際の定義をはっきりさせる
例)可愛い→お菓子における可愛いって何?人それぞれ違う・・・
これも先行研究を見つけて指標のもと定義づけていく必要がある。
先行研究がない場合はどのように定義づけをすればいいのか聞く。
➡見た目に使われる単語のリストを一覧で作る。(類義語辞典みたいに)
その際はどんなリストを作れるのかということも考えながら作る。(名詞・副詞・形容詞中心に)

・そもそも悲しい時に食べたいお菓子とは?
➡先行研究でないか調べる。

・口コミの抽出は楽天だけでなく、ツイッターやインスタなどのSNSからもやる。
➡味と見た目に関する菓子の評価があるか調査して簡単に抜き出してみる。

・菓子の色は評価(見た目と色の関連)に関係しているのかも調べる。
➡菓子そのものの色に着目しないとパッケージのデザインや色も関係して評価に繋がってしまうから注意。

★①ロッテのサイトに気分によるお菓子の分類がある
http://lotte-shop.jp/shop/e/ekibun13/
➡参考にするとともに、これはどういう基準で分けられているのか分析してみる

★②味を表す言葉とそのイメージを年代・性別ごとに調査したもの(www.mizkan.co.jp/company/newsrelease/tmp-images/000000523.pdf)
➡『味ことば』という切り口でその言葉の持つイメージを明示してくれている

★③和菓子や洋菓子、それ以外にも味覚だけでなくその他の感覚についての表現を記載(http://hyogen.info/cate/443
➡『日本語表現インフォ制作委員会』が運営する、小説・コラム・ブログなど書き方の参考書である『日本語表現インフォ』を参考にして分類できそう。

○以上のことから今後できそうなこと
・2016年度のゼミで抜き出した楽天からの口コミと以上の★②③から≪味や見た目≫の評価表現の単語リストを作れそう。
・気分と食べもの(菓子だと出てこないかもしれないのでとりあえず広範囲の食という部分にフォーカス)についての先行研究がないか調べる。

5月18日 河添

最も誘目度の高い色(4つ)
白背景⇒赤・青
黒背景⇒マゼンタ・シアン

2番目に誘目度の高い色(2組)
色相環で120度の差
⇒赤と青
⇒マゼンタとシアン

最も誘目度の低い色
⇒グレー

画面の配色バランスの作業効率・エラー率への影響の検証
⇒pp.3下部分タイプA~C
⇒3色で比較しているため研究と条件が被る
⇒タイプC>B>Aの順番で効率が高く・エラー率が低い

▷▷今後の計画◁◁
4月 予備調査まとめまで
5月~6月 枠線誘目度の論文まとめ・これまでの論文・予備調査などから条件を抽出
→足りなければ更に論文を探す
7月 比較対象A・Bを作る
8~9月(集中セミナー) 比較対象作成&アンケート草案の作成
10月 アンケート作成・実施・まとめ
→どれぐらいの数を集めればいいのか
11月・集中セミナー 論文執筆

4月27日 垰ひかる

2017-04-27

調べてみたわかったこと
・<p>が多い、次は<TD>
・五稜郭を調べたところ、五稜郭タワー・五稜郭公園・複合ビルのページも混じっている
・口コミの方がHTMLタグが同じで、自治体HPなどより情報の幅が広い(レンタカーで行った、○○を食べた など)

 

4月6日 山本真成美

現段階での進捗状況と今後の予定

1. 進捗状況
→春休みは就職活動一色であったため、テキストマイニングについての本を読んだのみであった。研究の進み具合は年度末とほぼ変わらないため、就職活動が終わるまでは授業内で具体的な今後の予定を決めていきたいと考えている。
2. 今後の予定
→昨年度よりも細かなテキストマイニングに対する知識、形態素解析、また辞書についての知識が必要となってくるため、森先生に疑問点を尋ね、解消していくという形をゼミ中はとっていきたい。
昨年の研究をよりブラッシュアップする必要があるため、就職活動中も一週間に一回のゼミに向けて毎週昨年のように少しずつでも前に進ませていきたい。
現在では、あまり進んでいないため、明日のゼミで同回生と情報共有しつつ今後の目標を立てたいと考えている。

特に見ていかないといけない内容として、形容詞・名詞・副詞が直接の評価に大きくかかわっていることが分かっている。辞書作成においては、MeCabの単語辞書に登録されているがその中の単語の出現しやすさの指標であるコストが違うのか、その単語自体が辞書に登録されていないかの2種類に分かれるため、前者ならば単語の重要度に差をつけるためにコストの変換を行う必要があり、後者ならば新しく単語を追加する必要があるということを念頭に置き、その見極めをしていきたい。
それに加えて菓子の味の評価に用いられやすい形容詞と副詞にはどのようなものがあるのか、またそれらはすべてに共通して使われている言葉なのか、菓子を評価するためのものなのかということをより詳しく分析する必要がある。それに加えて、現時点で分析する口コミの数が不十分である可能性があるため、研究を進めていくうえで必要であればその数を増やしていきたいと考えている。また、評価のノイズ除去のためのルール作りにおいて、現段階では不確実性が含まれているため、3章で述べた通りノイズの除去については原口ら[11]の意見を参考にして、より精度の高いものにする予定である。

 

3.今私にできること、しなければいけないこと
→空き時間を利用して口コミのデータを就活の合間に見つけることはできる。それを見て法則性などがないかということを探っていく。

1月19日 谷口美紀

○就活

2月、3月説明会(名古屋大阪中心)と面接対策等

3月プレエントリー、エントリーシート提出はじまり、企業別説明会

4月5月6月面接?

6月~7月内定げっと

○研究

2月~(下宿)

紅葉画像を収集しておく

ヒストグラムにかけて色の程度わけをする

論文の読み込み(既に見つけているものから)

7月?(実家)

就活が終わり次第APIなどを使う方にシフト

12月16日ピアレビュー 谷口美紀

ぴあレビュー用レポート

最後2行や赤文字、参考文献の番号、コメント入りの部分はスルーしてください。図2の表示がおかしいので変更する予定です。

ピアレビュー完了:河添

ピアレビュー完了(中林)

ピアレビュー渡辺

レポート谷口(ピアレビュー後修正版)

 

 

①画像の色に関する評価の仕方の先行研究を探す。

a.丹羽志門、青山祥貴、数藤恭子、谷口行信、加藤俊一「商品写真から受ける印象と画像特徴の関係のモデル化」ヒューマンコンピュータインタラクション152(24), pp.1-4, 2013年

③実際は抽出方法の研究にはなると思うが、完成した場合の使い方を提示することで、より具体的な研究意義にする。(質問まとめに記載)

④画像と文字の関係について言及できそうなら言及する。

b.柳井啓司「キーワードと画像特徴を利用したwwwからの画像収集システム」情報処理学会論文誌42, pp.79-91, 2001年

・どういう風に実験をするか?

今考えているのは、すべてツイート上の情報のみから判断するやり方。ツイート文章に紅葉の評価が書いてあるものを時期の違いごとに見て行って、どの地点で紅葉真っ盛りだ!と言えるかを調べる。評価を表す辞書→評価極性?(このあたりは本を読む)頻出度の高い時期がもっとも紅葉してる?何か言葉がある?

a.が特に自分の研究のやりたいことややり方と合いそう。写真と文章をかけあわせ、さらに文章(による画像への評価)を数値化している。

上のは画像を見た上の文章について。もう一つは色特徴量をlab,rbg,hsvなどのどれにするのか。

12/16ピアレビュー用 河添

%e3%82%bc%e3%83%9f%e5%be%8c%e6%9c%9f%e8%ab%96%e6%96%87%ef%bc%9a%e6%9b%b8%e5%bc%8f%e3%81%82%e3%82%8f%e3%81%9b

↓アブストラクトとタイトル以外完成したので載せときます
後期ゼミ論文完成版:ピアレビュー未完了

ピアレビュー完了(中林)

ピアレビュー谷口

ピアレビュー渡辺

12月22日 川名千尋

Google Driveへ。
https://drive.google.com/drive/folders/0ByErRcy4feaEaE5PUFNZZ0wtMEE?usp=sharing

1st draft 川名千尋_卒業論文(仮)
2
nd draft 川名千尋_卒論2→こちらを添削お願いします。

予定

12/22 集中セミナー 14:40-18:00
12/26 5限→ピアレビューしてもらえるように

1/12ゼミ後提出