カテゴリー別アーカイブ: 4回生

6月15日 渡辺壮作

ゼミレポート

研究内容

昨今の情報を受け取るためのメディアが進化した結果いつでもどこでも情報が受け取れるようになり、多くの情報を受け取り切れなくなった人々が情報の断片から一方的な印象を抱きかねないと考えました。その問題を解決するためにより普遍的な要約法を提案し、情報の受け手がより正しいと自らが思える選択や、判断ができるようになると考えるものです。

そこで今までサイトを立ち上げ、いくつかのニュース記事の要約をし、その要約をするにあたっての関連項目を書き出してきました。その関連項目から要約法を作り、その要約法に沿って新たなニュース記事を要約し、その記事に対して偏りのなさや要約されているかのアンケート調査を行いたいと思っています。そのアンケート結果から要約法の有用性を論文にまとめたいと考えています。

今後は関連項目がまだ足りていないのでプラスしていき、アンケート調査へと繋げていきたいと考えています。

1月12日 仲田杏奈

卒論 1回目点検後の修正ver.・ピアレビュー未(送信は終了)

%e5%8d%92%e8%ab%96

2回目点検

卒論最終2

卒論最終データ(事務所提出データ)

卒論最終データ

 

1月12日 川名千尋

添削お願いします。

川名千尋_卒業論文_ピアレビュー前

川名千尋_卒論_ピアレビュー後

川名千尋_卒業論文_最終版(これを最終的に提出済み)

1/12ゼミ後提出予定→提出済み

12月22日 仲田杏奈

*アンケート結果について

流れとしては写真1枚ごとの比較を行う。

比較はQ1とQ2・Q3とQ4。

その後衛星都市における自然豊かをより表現しているという意見が多かったQ2とQ3の結果から考察を深める。


*論文の大まかな流れ

・要約

・はじめに(問題意識や問題提起、目的)

情報発信者の意図と受信者の解釈とのズレを軽減させる。的確に情報を伝達する。→そのための静止画における必要要素を明らかにする。

・先行研究

色彩と印象、場所と印象は明らかにされているが。情報の意図と印象を結びつける研究は多くない。

・調査をするにあたり

⑴情報発信者の意図決定

ふるさとCMについて(目をつけた理由)、生駒市を取り上げた理由、衛星都市について

⑵写真の決定

ふるさとCMの分析や考察(静止画や動画カットのレイアウト傾向など)、生駒市の写真選択について

・調査方法

SD法を使用して、因子分析を行うこと

アンケート作成について。形容詞の決定理由や質問項目の意図。

実施について。人数や期間、対象者。

・結果と考察

Q1-Q4それぞれへの分析考察を踏まえてQ2Q3を分析する。

★結果から考える自然豊かを表現する静止画を提示→これは時間次第で今後の課題。

・今後の課題

★の静止画が本当に意図を伝えられているのかを検証すること。

12月22日 川名千尋

Google Driveへ。
https://drive.google.com/drive/folders/0ByErRcy4feaEaE5PUFNZZ0wtMEE?usp=sharing

1st draft 川名千尋_卒業論文(仮)
2
nd draft 川名千尋_卒論2→こちらを添削お願いします。

予定

12/22 集中セミナー 14:40-18:00
12/26 5限→ピアレビューしてもらえるように

1/12ゼミ後提出

12月15日 阪口周

@先週の集中セミナで、辞書作りのステップまで終了。
続けて、レビューやブログのマイニングのステップだが、読み取れなかったりと試行錯誤している段階です。つまり進捗はあまりないです。どうしてもわからなければ、また集中セミナで先生に相談。

@対象の文書
*ウィリアム・アイリッシュ「幻の女」
http://bookmeter.com/b/4150705518

*ギャビン・アイラル「深夜プラス1」
http://saiten.dip.jp/mystery/main/list_review/2671

*アーサー・コナン・ドイル「シャーロック・ホームズの冒険」
http://www.geocities.jp/henri_de_regnier/holmes/holmes_book.htm

→比較的、登場人物の名前が出てくるレビューであることを意識。
有名な本であるほど長文での記述があり、使いやすい。
ほかにも、登場人物が多い小説など、選ぶ基準はいろいろあるので、その点も、今日のセミナで整理していきたい。

ougonbrg1
の読み取り結果
*fullname起動:文書内で唯一、フルネームでの記述であるヴァン・ダインに関して、固有名詞とは読み取れず、辞書データを確認すると正式にs・s・ヴァン・ダインで登録している登録しているため、読み取れないことがわかり、この文書データに関してはfullnameは全く機能しないことが分かった。
*seimei起動時、エラリィ・ポゥ・ルルゥの3つがそれぞれ、辞書でエラリー・ポールルーで登録しているので読み取れなかった。また、ヴァン・ダインの記述に関しては前半のヴァンは固有名詞で読み取れたが、ダインは一般名詞になってしまった。

@スケジュール
*12月15日集中セミナ:文書データの読み取り・文書の選考基準の整理→解析結果の評価の仕方を決める。(うまく進めば実際の評価まで進む)
*12月22日ゼミ:評価結果の整理
*12月22日集中セミナ:卒論執筆開始