カテゴリー別アーカイブ: 垰ひかる

5月25日 垰ひかる

・ターゲットについて
できればライト層をターゲットにしたい

これまで、社寺訪問を主目的とした旅行の場合、熟高年など「社寺や仏像が好きな人」というマニア層に向けた商品展開が主流であった。知識がない人は、「粗相をしてはいけない」という礼儀正しさから足が遠のいてしまいがちである。しかしながら、社寺に対する知識や興味の強い層は決してボリュームゾーンではないため、“黙っていても来てくれる”マニア市場にのみ社寺の魅力を訴求していくと、人口減を背景に確実に参拝者は減少する。よって、社寺や歴史文化に対する知識を深めることを目的とした学習的傾向の強いコンテンツではなく、興味関心のある層が気軽にアプローチできるコンテンツをいかに提供していくかが、人々と社寺との距離を縮める鍵となる。

社寺観光の今後の展望 ― 多様化する旅行ニーズに対応を
JTB総合研究所主任研究員 河野まゆ子氏
2017年3月3日付 中外日報(論)http://www.chugainippoh.co.jp/ronbun/2017/0303-002.html

近年、城は人気が高まっていると言われているが、社寺と同じく歴史的建造物であることから、同じようなことが言えるのではないかと思った。

ゼミ論文に使えそうな記事

株式会社学研ホールディングス
今世紀最大の「お城ブーム」到来! 累計30万人以上が参加している大人のスタンプラリーの“マストアイテム”が、2016年「旅行・ガイド」書籍ランキング年間1位獲得!
プレスリリース 2016年12月16日 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000948.000002535.html

株式会社学研ホールディングス
小・中学生にも城ブームが到来! 応募点数が倍増した、城の自由研究コンテスト。文部科学大臣賞は「白い城と黒い城」
プレスリリース 2017年1月19日
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000977.000002535.html

 

 

5月18日 垰ひかる

・日本百名城の中にはトリップアドバイザーに掲載されていないものもあった

・どのような情報を取り出してくる必要があるのか

初めは城の種類や造りで分類しようと思っていたが、観光客は種類などは気にしていないのでは?
⇒種類や歴史などの情報よりも、周りにあるもの、交通手段、国宝などの情報の方が良い
⇒観光客が行き先を決める際に気にすることは?

一般社団法人 那由他ジャパン
国内の観光旅行に関する意識調査レポート(http://pi-project.org/report/1184/

観光旅行の行き先の選ぶ際に重視することについて(複数回答)

kanko-04

@niftyニュース 何でも調査団
旅行についてのアンケート・ランキング 第4弾(http://chosa.nifty.com/travel/chosa_report_A20151009/4/

旅行先を決める際、【日程と料金、一緒に行く相手以外】で重視するのは?(複数回答可)

グラフ

 

選択肢が異なるので単純に比較はできないが、食事・自然(景観)・交通の便が特に重視される?

 

また、観光資源の分類について調べたところ
溝尾良隆「観光資源論-観光対象と資源分類に関する研究」城西国際大学紀要16巻第6号、pp1-13、2008年
が見つかった。

次に食に関して
尾家建生「フード・ツーリズムについての考察」大阪観光大学観光学研究所報『観光&ツーリズム』第15 号、pp23-34、2010年
によると

交通について
二次交通(拠点となる空港や鉄道の駅から観光地までの交通)を使うのがよい?
(JTB総合研究所 観光用語集「二次交通とは」)

 

 

5月11日 垰ひかる

口コミにする場合

日本百名城塗りつぶし同好会 利用規約

当サイト上で、以下のような禁止行為を行わないこと。

  • 他のメンバー・第3者の権利を侵害する行為
  • 犯罪行為・公序良俗に反する行為。
  • 営利を目的とした活動。
  • 当サイト上の情報を無断で他で利用する行為。
  • サイト・サーバーに対する不正アクセス・不正使用行為。
  • その他、管理人が不適切と判断する行為。

この利用規約で、サイトの情報を使えるのか。
管理人にメールできるので、そこに連絡して了承を得られればOKか。

Trip advisor 利用規約

こちらは商用利用でなければOK?

上記2つのソース比較
2017-05-11

4月27日 垰ひかる

2017-04-27

調べてみたわかったこと
・<p>が多い、次は<TD>
・五稜郭を調べたところ、五稜郭タワー・五稜郭公園・複合ビルのページも混じっている
・口コミの方がHTMLタグが同じで、自治体HPなどより情報の幅が広い(レンタカーで行った、○○を食べた など)

 

12月22日 垰ひかる

ゼミ論文Ⅱ

↑ピアレビュー用
4章が中途半端に終わってるので、節の番号がおかしいのと参考文献の番号がズレていくことは無視してください!

たおちゃんピアレビュー 山本

ゼミ論文Ⅱ 垰
(↑最終版)

12月15日 垰ひかる

前回の集中セミナーにて、11/24の集中セミナーで作成したコードを元に文章を取得した
URLを手動で入力し、〈p〉が使われている部分を取得した。

Google Drive

不必要な部分が多々見られるが、これを取得した後に何かしらの方法で消すことができればよい
最終的にはクローリングして、スクレイピングできるようにしたい

ゼミ論文Ⅱ 垰

 

12月8日 垰ひかる

前回:対象を日本百名城に絞る
スクレイピングの準備を始める

スクレイピングができるようになるまで時間がかかるのでOctophaseで収集できるデータを集めてみた。

「日本百名城塗りつぶし同好会」というサイトがあるhttp://kum.dyndns.org/shiro/index.php
7967名が参加し、206231の登城報告が登録されている

各城かなりの量の投稿が寄せられている
(最小:根室半島チャシ跡群 873件、最大:名古屋城 3131)

実験的にOctophaseで根室半島チャシ跡群の投稿を取得し、TTMにかけた
しかし、観光局などのサイトと違って個人的な感想などが多く、推薦に使うのは難しそう


≪32城目 根室半島チャシ跡群(山城)≫
難易度:★☆☆☆☆ 所要時間:15分程度 (オンネモトチャシのみ)

「前々日に帯広で44年ぶりの大雪が降ろうが、今更飛行機キャンセルできるか!」と思い半ば強行的に行ってきました。
根室半島へ来るのは2年ぶりです。前回は納沙布岬へ来るだけでした。まさかこんなすぐそばに城があるなんて、当時は知る由もありませんでした。

釧路空港からずっとレンタカーで移動。前日に根室市の資料館でスタンプを押し、この日は夜明け前に移動を開始。納沙布岬で朝日…の手前にある雲をしばし眺めた後、チャシ付近にある空き地のような駐車場に車を停め、歩いて5分もせずにチャシへ。
北方の島々をただぼんやりと眺める無心の一時。
チャシは私たちに至上の時間を与えてくれます。


ユーザーが行った城を一覧で見ることができるようになっていて、
こちらの方をユーザーの嗜好を測る場合に使うことができるのでは?
http://kum.dyndns.org/shiro/personal.php?pid=1

 

これからの方向性案

・各城のHPや観光局HPなどに掲載された城の紹介文を取得する
・取得したデータをTTMにかけてキーワードを抽出する
・城の特性要素を決める
・キーワードを特性要素に分類
・城の特徴ベクトルを作成
・利用者の特徴ベクトルを作成
・類似度の計算
観光地の特性一覧

観光地特徴行列

利用者履歴行列

利用者特徴行列

〈参考資料〉

「協調フィルタリングとコンテンツ分析を利用した観光地推薦手法の検討」
樽井勇之
上武大学経営情報学部紀要 2011 第36号 p.1-14
https://gair.media.gunma-u.ac.jp/dspace/bitstream/10087/6536/4/730-36-001.pdf

 

これで進める場合、必要なこと
・城の特性要素を調べる
・行列の知識を入れる

11月24日 垰ひかる

対象の幅を狭める
・日本
100名城の148番までをまずは収集しルール作りに使い、49番~100番で確かめる。
(北海道から北陸東海が1~48番まで、近畿から沖縄で49100となっているため)http://www1a.biglobe.ne.jp/nihonjokaku/pdf/100list.pdf

(選んだ理由)
各都道府県に最低でも1つ以上選定されている
日本らしさがある
スタンプラリーの本が出版されていて、城めぐりができるようになっている

 

 

集中セミナーでスクレイピングを始めるためにスクレイピングについて調べる
スクレイピングツール“Octoparse”を試用(コードを書かなくてもできる)
Wizard Mode“List and Detail Extraction”タイプを使ってWikipediaの「日本100名城」ページからそれぞれの城のページへジャンプして概要を取得し、CSVファイルの作成した
Wikipediaのように構成が似てるページからは簡単に情報の抽出ができた
→しかし、構成が似ていないWebページではうまく機能せず