カテゴリー別アーカイブ: 6月30日

6月30日 中林豪

【情報モラル教育の実践性について】

◎研究の方向性について

メインテーマ:情報モラルをどのように身に付けるか

→学校での情報モラル教育を起因とした、日常生活での定着

研究方法:今までの情報教育と、現在の情報教育を大学生、小中高の生徒や先生に尋ねて比較する。先行研究から他の調査方法と現状でわかっていること、わかっていないことを確認し、わかっていないこと、問題になっていることを調査する。最終的には現状の問題に対する「学校教育でのアプローチ」を提案する。

 

◎先行研究について

キーワードをまばらに探してしまい、時間を無駄にしてしまっていたので、一旦「教育」というキーワードをベースに探してみた。

今のところ、見つけられたのは3件。(アクティブラーニング、社会教育実習、情報を活用する実践授業)

見つけ次第随時追加していきます。

※固定ページ内に参考文献リストを作成したので、そちらに全て追加しています。

6月30日 山本真成美

和菓子 生菓子

【6月30日】
・和菓子と洋菓子それぞれの評価にはどのような言葉がそれぞれ並びやすいのか。(http://www.zenkaren.net/_0300/_0301)
それぞれ生菓子に絞って『高度な検索』を用いて、それぞれどのような言葉が出てきやすいのか調べる。
・もしかしたら同じ言葉でもジャンルが違うだけで意味が違うかも!
・最終的にはその分類にしたがって共通項や相違点を見つけて辞書を作りたい
・研究的意義として、辞書を構築するだけでなく違い・共通点を見出すことで今後新しい商品の開発などにつながるのではないか!
・研究タイトルは『テキストマイニングの辞書構築から見える菓子業界の可能性―和菓子と洋菓子の比較を通して―』みたいな感じ?

 

6月30日 垰ひかる

タイトル(暫定):写真を用いた旅行促進システム

◇旅行に行きたくなるような写真とは?

・観光プロモ―ションにおけるビジュアル活用の国際比較

 日本、韓国、台湾、タイ、香港、、オーストラリア、ニュージーランドアメリカ(ハワイ、サイパン、グアム)8か国の政府観光局のWebサイトを対象に2クリック以内で直接リンクされている画像を調査し、構成要素を23分類から選択

→日本は他国に比べて人物描写が少ないものが多い

(柿島「観光プロモーションにおけるビジュアル活用の国際比較」観光文化 22343-47頁 2014年 

https://www.jtb.or.jp/wp-content/uploads/2014/10/bunka223_P43-47.pdf)

・「旅に行きたくなる写真」投票

 KLMオランダ航空が行った「旅に行きたくなる写真」投票の結果も人や食べ物より風景写真が多い http://www.hollandflanders.jp/campaign/contest/

 

 

→人物描写の少ない風景写真が旅行を促進する?

◇写真だけのつながりか

 写真だけではなくコメントなどもできれば

6月30日 川名千尋

前期研究進捗報告書完成(仮)

川名千尋_前期研究進捗報告書

来週までの予定

・ピアレビューの方法を周知するため新たに資料作成 +LINEでゼミメンバーに周知

・アンケート仮完成

6月30日 河添香織

研究テーマ:SNSに投稿後の情報公開範囲の確認

◎具体的に今後どうしていくか

目的:投稿後の情報公開範囲・写真の確認

間違えて違うアカウント・SNSに上げるのを防ぐ

内容:作業しながらどういうレイアウト・インターフェースが可能なのか適切なのか考えていく

・使い分けるパターンにはどんなものがあるか?
→多種多様