6月22日 渡辺壮作


要約法における関連項目
・テキスト内での位置情報の利用(文章の先頭、最後に重要文が多いなど)
・タイトル情報の語句を重要視
・テキスト中のキーワードの出現頻度
・単語間の繋がり情報
・テキスト中の類似情報を利用して省いていく
・手がかり表現の利用(例えばなどの例示表現後の文は重要度が低い事や、逆説後の文の重要性など)

見やすさの関連項目
・文字サイズ変更、色、下線、両端揃え、文章のブロック分け
・『関心を惹く表現の活用』で、理由を示唆する背景、真相、裏側、なぜや、驚きを意味する衝撃の、驚きの、意外な、知られざるという単語を組み込む。

意見の異なる二誌程度の新聞記事の要約をしてアンケート調査

要約法に主眼か要約するための元の情報をどこから集めてくるのか見つける方法の提示を主眼か。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です